ミキオサカベ 2016年秋冬コレクション – 相反するものの間に生まれる相和 | ファッションプレス

ブレゲ スーパーコピー
ミキオサカベ 2016年秋冬コレクション – 相反するものの間に生まれる相和

78
545

ミキオサカベ(MIKIO SAKABE)の2016-17年秋冬コレクションが発表された。

「commons&sense(コモンズアンドセンス)」とともに作り上げたビジュアルは、モノトーンでまとめ、これまでとは一線をひいた大人なイメージ。?ヨーロッパを意識した”と坂部三樹郎が語るウェアも同様に、モードな雰囲気へシフトしている。

コレクションの基盤となったのは、メンズアウター。がっつりと落ちたショルダー、長すぎるほどのアーム、大胆にとった身幅…ビッグシルエットのそれらを華奢な女性が纏う。そのミスマッチの水面下で、アウターを下地として取り入れるという、固定概念の崩壊が自然に成されている。

レイヤードは枠に縛られず、自由気ままに。ロングコートの上から、たっぷりのフリルベストやラメ入りフレアスカートをレイヤードしたり、ブルゾンに、パフスリーブのようなアームカバーと大振りのネックレスをデコレーションしたり…。男性らしさの上にフェミニティをぶつけて、相反するものの間に豊かなコンビネーションを創り出していく。

強さを感じさせるものには、とことん甘さを加えて。ベルベットのワイドパンツやMA-1にはリボン型のエンブロイダリーを飾った。モチーフは、テープを使った立体刺繍の下に、刺繍をさらに配して、2層構造に。デニム地のベストは、真っ白なレースフリルと花のパッチワークを施して、とびきりガーリーに仕立てた。
ロレックス スーパーコピー

ジバンシィ、ベーシックに着目したコレクション「ジバンシィ エッセンシャルズ」伊勢丹新宿で先行発売 | ファッションプレス

スーパーコピー時計
ジバンシィ、ベーシックに着目したコレクション「ジバンシィ エッセンシャルズ」伊勢丹新宿で先行発売

803
2767

ジバンシィ バイ リカルド ティッシ(Givenchy by Riccardo Tisci)は、ベーシックラインに フォーカスした初のコレクション「ジバンシィ エッセンシャルズ(GIVENCHY ESSENTIALS)」を発表。2016年9月7日(水)から13日(火)まで、伊勢丹新宿店本館及びメンズ館にて、世界に先駆け先行発売する。ジャケット 345,600円、ブラウス 172,800円、パンツ 99,360円、シューズ 108,000円ジバンシィのシグネチャーとも言えるディテールにフォーカス。メゾンジバンシィに脈々と伝わるエレガンスと、リカルドティッシならではのストリート&モードの感性を融合させ、現代の日本女性が求める、強くエレガントな女性像を創り上げた。

ラッフルジャケットやボウタイブラウスなど、ジバンシィの定番とも言える要素に加え、靴に配されたパールなど、日常に取り入れやすいディテールを採用。日本を強く意識し、移りゆく四季の美しさを表現したカスミ草のプリントも施されている。ジャケット 163,080円、パンツ 77,760円一方、メンズコレクションでは、ジバンシィブラックに加え、アジアでは幸運を、ヨーロッパでは情熱を表す赤をメインカラーとして起用。テーラードジャケットやシャツカラーなどの細やかな部分に差し色として採り入れられている。また、メゾンならではのバンドモチーフやスターに交えて、日の丸からインスパイアされた赤いドットや‘I FEEL LOVE JAPAN’ という強くダイレクトなメッセージも登場。アイテムに刻まれたそれらのデザインは、リカルドの日本への想いを強く表現している。さらに、女優の夏木マリやモデルの萬波ユカなどが「ジバンシィ エッセンシャルズ」を着用したムービーも公開。日本独自の風景や着物といった小道具を用いて、日本への賛美を強調した独創的な世界観を築き上げている。伊勢丹新宿の限定ショップには、 ジバンシィのアイコンカラーを内装に採用した。 ウィメンズストアにはメンズコレクションのキーカラーであるレッド、一方メンズストアにはウィメンズコレクションのキーカラーであるピンクをテーマに設定。パリの地下鉄からインスピレーションを得たメトロタイルも用いた、ユニークな作りだ。この先行発売にあわせて、アイコンバッグ「ホライゾン」の新作も店頭に登場。クロスボディに最適な「ミニ」と、ポシェットサイズの「ナノ」の2サイズが加わり、サイズ展開が豊富に。店頭では、30色以上のホライゾンが一同に揃い、ここでしか手に入らないピンクも登場する。さらに7日(水)から3週間に渡って、伊勢丹新宿店の本館ウィンドウ15面をジャック。期間中、日本をテーマにしてデザインされた2017年春夏オートクチュールコレクションのドレスも8面に展示される。【詳細】
「ジバンシィ エッセンシャルズ」
発売時期:2016年9月7日(水)~13日(火)<世界先行発売>
取り扱い店舗:
伊勢丹新宿店本館1F=ザステージ
住所:東京都新宿区新宿3?14?1
伊勢丹メンズ館1F=プロモーション
住所:東京都新宿区新宿3?14?1

【問い合わせ先】
「ジバンシィ エッセンシャルズ」限定ストア
伊勢丹新宿店本館1F
TEL:03-3352-1111(大代表)
フランクミュラー スーパーコピー

クロエ 2017-18年秋冬コレクション – クロエガールが迷い込む理想的な夢の世界 | ファッションプレス

セリーヌ スーパーコピー
クロエ 2017-18年秋冬コレクション – クロエガールが迷い込む理想的な夢の世界

640
3800

クロエ(Chloé)の2017年秋冬コレクションが発表された。クレアワイトケラーがクリエイティブディレクターとして手掛ける最後のコレクションとなる。

クロエガールが迷い込む幻想的な夢の世界が舞台となった今シーズンのワードローブは、クロエ特有の柔らかな温かみを感じさせるブラウンやアースカラーをメインに、ミント、ピーチ、ライラックといったアイシーパステルカラー、また、ケシの花、マッシュルーム、蝶の羽などのモチーフを散らしてサイケデリックなムードが醸し出された。

素材には、シアリングのコートやゴールドのフリース、モヘアニットが何度も登場し、暖かい安心感と重量感を与える。それらのアイテムには、レースのトリムが施されたランジェリーの風スリップドレスや、パープルやライトブルーのジオメトリック柄が目立つローライズトラウザーなどが合わせられ、女性らしさをエッジの効いた表現で示している。

スエードや光沢のあるグレーズドレザーで仕立てられたエプロン型のピナフォアドレスも、今シーズンの特徴的なアイテムの一つだ。素朴さを感じさせるスモックシルエットのブラウスをレイヤードしたスタイリングで登場したが、ブラウスは、大きなボウタイ付きのデザインや、レース襟のもの、幻想的な蝶の羽柄などのバリエーションによって変化がつけられている。

コレクションのラストの方では、より装飾的なショートドレスが登場。透け感のあるオーガンザ素材やパフスリーブといったガーリーなディテールと、流れ星のモチーフや銀河に浮かぶ横顔のイラストで表される幻想的な世界観が、クロエガールの夢見る理想的な幻想世界を描いている。

また、毎シーズン楽しみな新作バッグには、ラウンドシェイプの「PIXIE」がお目見え。ゴートスキンとスエードの異素材が組み合わされ、金属のブレスレットハンドルがアクセントとなったモデルだ。
シャネル 時計スーパーコピー

NIKE DESTROYER JACKETのプロジェクト第4弾 – 「TOKYO SOFT PUNKS」 | ファッションプレス

ガガミラノ スーパーコピー
NIKE DESTROYER JACKETのプロジェクト第4弾 – 「TOKYO SOFT PUNKS」

0
0

NIKE SPORTSWEARとスポーツを愛するスタイリストやクリエイターたちのチームによるNIKE DESTROYER JACKETのプロジェクト第4弾。今回は「TOKYO SOFT PUNKS」と彼らが着用したアイテムをご紹介。

 

■第4回目
チーム名 : TOKYO SOFT PUNKS(設立年/2008年)
アパレル、雑誌、WEB、スポーツ界といった幅広いメンバーが集結したチーム。
メンバー : 光岡映二(ファイター)、DKJ(Balabushkaディレクター)、YNG(WEB Desingner)、RYO(HP)、etc…
プロダクト : ナイキ デストロイヤージャケット ¥15,645

 

【プロダクト詳細】
スタジアムジャケットからインスパイヤされたサテン地にThermore®フィルの中綿ジャケット。フロントはスナップボタン。左胸にジップポケット付き。

——————————————–
※下記着用者のコメント
今回DESTROYER JACKETを着用してみて、どんな印象をもちましたか?
動きやすく暖かいのがポイント。
使いやすいアイテムです。

あなたにとってチームとは、またチームメイトとは。
野球以外でも一緒に時間を過ごすことの多い仲間。

同じジャケットを着ることで、チームにとって何がプラスされますか?
連帯感と仲間意識が増す。
個人競技にはない一体感。

個人プレーには無い、チームである事のすばらしさを教えてください。
嬉しさと悔しさの共有。

このチームは、どういった流れで出来上がったのですか?
DKJを中心とした飲み仲間。

練習は、どのくらい行うのでしょう?
月2~3回

このチームでこれから挑戦したいことはありますか?
前田監督を甲子園に連れて行く!
——————————————–
ハリーウィンストン コピー

オリヴィアパレルモ、ウエディングドレスはもう決めている!?|ファッションニュース(流行モード)│ブランドコピーファッション情報

ランゲ&ゾーネ スーパーコピー
オリヴィアパレルモが米『Brides Magazine』のインタビューに応じ、婚約者ヨハネスヒューブルとの挙式に向けて、ウエディングドレスのプランを明かした。それは、ダイアナ元妃やジャクリーヌケネディ、オードリーヘプバーンなど、これまで多くのプリンセスや女優たちが纏ってきた、いわゆるフルスカートの“カップケーキ”ドレスとは異なり、よりオリヴィアの日常のスタイルに近いルックになるようだ。

オリヴィアは、「ドレスをセレクトするうえで、まず最初に考えるのは、会場やその雰囲気です。ただし、会場がどこになろうとも、巨大なカップケーキドレス姿になることはないでしょう。それらはとブランドジュエリー コピーても美しいですが、私らしくはないので」プラダ スーパーコピーと語った。また、「ドレスはド派手である必要はありませんが、式の異なる場面に合わせて衣装替えするのは楽しいと思います」と複数のドレスを着る可能性があることも加えた。

「ヴァレンティノ」や「ロベルト カヴァリ」など、デザイナーのミューズとしても知られるオリヴィアだが、最もよく知られているのは、そのパーソナルスタイル。一生に一度のウエディングデイも自らドレスアップするかもしれないと話した。「毎日自分でヘアメイクしていますから、式の日も自分で準備してしまうかもしれません」

参照元は、こちら(VOGUE UK)。

Text by Lauren Milligan
ジェイコブ スーパーコピー