オリヴィアパレルモ、ウエディングドレスはもう決めている!?|ファッションニュース(流行モード)│ブランドコピーファッション情報

ランゲ&ゾーネ スーパーコピー
オリヴィアパレルモが米『Brides Magazine』のインタビューに応じ、婚約者ヨハネスヒューブルとの挙式に向けて、ウエディングドレスのプランを明かした。それは、ダイアナ元妃やジャクリーヌケネディ、オードリーヘプバーンなど、これまで多くのプリンセスや女優たちが纏ってきた、いわゆるフルスカートの“カップケーキ”ドレスとは異なり、よりオリヴィアの日常のスタイルに近いルックになるようだ。

オリヴィアは、「ドレスをセレクトするうえで、まず最初に考えるのは、会場やその雰囲気です。ただし、会場がどこになろうとも、巨大なカップケーキドレス姿になることはないでしょう。それらはとブランドジュエリー コピーても美しいですが、私らしくはないので」プラダ スーパーコピーと語った。また、「ドレスはド派手である必要はありませんが、式の異なる場面に合わせて衣装替えするのは楽しいと思います」と複数のドレスを着る可能性があることも加えた。

「ヴァレンティノ」や「ロベルト カヴァリ」など、デザイナーのミューズとしても知られるオリヴィアだが、最もよく知られているのは、そのパーソナルスタイル。一生に一度のウエディングデイも自らドレスアップするかもしれないと話した。「毎日自分でヘアメイクしていますから、式の日も自分で準備してしまうかもしれません」

参照元は、こちら(VOGUE UK)。

Text by Lauren Milligan
ジェイコブ スーパーコピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です