エンポリオ アルマーニ 2016年秋冬ウィメンズコレクション – 黒の在り方と色彩の可能性を説く | ファッションプレス

エルメス スーパーコピー
エンポリオ アルマーニ 2016年秋冬ウィメンズコレクション – 黒の在り方と色彩の可能性を説く

106
496

エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)は、ミラノファッションウィーク3日目の2016年2月26日(金)に2016-17年秋冬ウィメンズコレクションを発表した。

テーマは、陽気な響きの「ニュー ポップ」。しかし、今季のヒーローは、ずっとブランドを支えつづけてきたアイコンカラーの黒だ。身に纏うひとに上品さを届けるこの色は、シーンを問わずに着用でき、いわば女性たちの味方ともいえる万能カラー。“主張のない”この色に、デジタルサインをのせて、色彩がもつ可能性を広げている。

キーアイテムの一つは、クロップドパンツ。肌と服地の間にほどよく空気をはらんだシルエットで、ほんのりと遊びはみられるもの、基本的にはベーシックな一品。ここに○や△で顔モチーフを描いたボーダートップス、発色のよいグリーンコート、幾何学模様のカットソーをあわせる。さらに、ネオンカラーのブローチを添えれば、心弾むアグレッシブなルックが完成。

色柄の遊びだけではない。例えば、ベージュとブラックといった落ち着いたコンビネーションも、あわせるものの形を変えれば面白くなる。パーカーのようなベストやミニ丈のケープがいい例だ。さらに、黒いアイテムそのものに仕掛けを施すことだって可能。一見シンプルなブラックコートも、ボタンの大きさをデフォルメして、ショルダーラインにカッティングを加えれば、瞬時にアイコニックな一着だ。

また同時に提案されたのは、ジョルジオが「マイクロではないミニだ」と表現するスカート。ピンクやパープルといった鮮やかな色で染めたり、光沢のあるパテントレザーを使用して、幅広いバリエーションで登場する。さらに、スカ―トのように見えるバルーンシルエットのショートパンツも展開。華奢なパンプスと合わせれば、大人の女性にも相応しい、はつらつとしたパンツルックが出来上がる。
リシャールミル スーパーコピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です